顔のしわはどうしてできるの?

顔のしわ対策に関するセルフケアを紹介しています。

乾燥が原因の場合

乾燥による顔のしわは、年齢に関わらず若い人にもできてくる可能性があります。そのため、日頃から顔のしわ対策を行って予防することと、もししわを見つけたときには薄いうちにケアしておくことをおすすめします。

乾燥で顔のしわができたとき、肌は水分不足の状態になっており、保水機能が低下しているとますます乾燥は進みます。そのためスキンケアを行って不足した水分を補い、肌の水分が失わないようにしましょう。

乾燥が原因の場合にできやすいのは、浅いしわです。このしわに効果が期待されている成分に、セラミド・ヒアルロン酸・NMFがあります。セラミドは高保湿成分ですが、その中でもセラミド1とセラミド6のように数字が付いたものがなじみやすくなっています。

ヒアルロン酸も保湿成分で、肌のバリア機能回復に関わっている成分です。年齢と共に減少するため、補っておく必要があります。最後のNMFも同じく保湿成分でもともと肌にあるもので、肌の水分保持に欠かせないものです。

それから、紫外線による刺激も肌の乾燥を進行させるため、暑い時期だけに限らず日光にあたる機会があるときには、紫外線対策を怠らないようにしましょう。日焼け止めを塗る、紫外線カット加工の施されたアイテムを使うなどをおすすめします。